わんわん・タイランド

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シロ子ちゃん、過去を語る

今日はワタクシ、シロ子がお話いたしますでございます。


100901_1.jpg



ワタクシ、実は立派な野良出身でございます。
このおうちに来る前には、屋根つきのところで
寝たことはございません。軒下をお借りしたことは
ございますが・・・

そんなワタクシでございますが、ちゃんとご飯を
くださる方はいらっしゃいました。
やはり、ワタクシがかわいいからでしょうか~。
(自分で言っちゃぁいけないよ~ by 杏香)

でも、本当いいますとそのおかーさん、ワタクシだけに
ご飯をくださったのではございません。
ほかに、20~30頭くらいの野良わんこにご飯をあげていたのでございます。
そのおかーさん、とっても優しくて、ワタクシにもちゃんと
名前をつけてくださいました。
ワタクシ、うれしいとピョンピョン飛び跳ねます。
だから、「ピョン子ちゃん」でございます。

でも、悲しいことに何かの誤解で、ほかのわんこたちから
いじめられるようになったのでございます。
おかーさんが、「ご飯よ~!!」って呼んでくれても
食べに行けなくなってしまったのでございます。

仕方なく、ワタクシは住み慣れたところを離れたのでございます。

そして、迷いついたのが今住んでいるおうちの近くでございました。
今から思えば、それが運命だったのでございますワ~!!

初めは、それはそれは怖かったのでございます。
だって、誰も知っている人はいないのでございますよ。
誰かがワタクシにご飯をくれるって言ってくださっても
怖くて近づけませんでしたワ。

でも、ワタクシを見るたびに声をかけてくださる方がいらして・・・
ワタクシ、決心いたしましたの!


そのおうちの子になりますでございますっ!!


毎朝 待ち伏せを 皆さんをお待ち申し上げました。
あ、いい忘れましたが、そのおうちにはもう何匹かわんこが
いたのでございます。
その朝の散歩を「お待ち」申し上げたのでございますワ。



100901_2.jpg
左から、今はもういないトゥクトゥク(男の子)、ペコちゃん、チッチ君



迷い込んだころには、もう何日も食べていなくて
ガリガリでございましたが、ご近所のみなさまが
いろいろ心配してくださってご飯をくださるものですから、
そのころにはもうあばら骨も見えなくなっておりました。


100901_3.jpg
「アタシはまだ生まれてなかったのなの~」 by ソムタム



しばらくの間、朝の 待ち伏せ お出迎えは続いたのでございます。
そのうち、ワタクシの魅力に負けてしまったのでございましょう、
そのおうちのお庭に入れてもらうことになりましたの。
ま、当然といえば当然でございますわね。



100901_4.jpg
おうちの子になってしばらくたったころのシロ子ちゃん



やっぱり、おうちがあるっていいものでございます。
雨が降っても心配することはございませんし、
毎日ちゃんとご飯はいただけますし、なんといっても
すてきな兄弟もできたのでございますから。



でも、どうしてもわからないことがございますのよ。



100901_5.jpg
ちょっと古い写真ですが・・・



ワタクシ、ご覧の通り白と茶色の毛皮をまとっておりますのに
どうして名前が「シロ子ちゃん」なのでございましょう?




ランキングに参加中です。
よかったら、ポチッと押してくださいね。
↓↓

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 犬ブログへ クリック!
↑犬ブログへ
「MIX中型犬」はこちら
「バセットハウンド」はこちら
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「ゴールデン」はこちら



は~い、シロ子ちゃん、おつかれさまでした~♪


シロ子ちゃんのご質問、ごもっともです。

それはね~、シロ子ちゃんが来たときってそれほど
茶色が目立っていなかったのよ。
毛も、今よりももっとまばらな感じだったんだよ。

だから、パッと見て白っぽかったから「シロ子ちゃん」

宇庵パパも私も、しばらくして気がついたのよ。


シロ子ちゃん、茶色いやん!?


初めからもっと茶色が目立っていたら、もしかしたら
「チャ子ちゃん」になってたかもネ~。^^


シロ子ちゃんのお話、事実に基づいております。
長くなるので(もうすでに長文ですが・・・)、続きはこちら

クリックしてね
↓ ↓ ↓ ↓


シロ子ちゃんがうちの子になってしばらくしてから
女性が訪ねて来ました。

訪ねて来たといっても私にではなく、シロ子ちゃんに。
シロ子ちゃんも、尻尾をぶんぶん振って「ヒィ~ン」と
鳴いているので外に出てお話を聞き、シロ子ちゃんの
生い立ちがわかりました。

たまたま通りかかってシロ子ちゃんを見つけたそうです。
見かけなくなって心配していたのだとか。

ご飯をあげていたのは、その女性のおかあさま。
残念ながら亡くなられたそうです。
その女性も犬好きだとはいえ、20頭も30頭ものわんこに
ご飯をあげるのはムリ、ということでした。

その後も、時々シロ子ちゃんの様子を見に来てくれているようです。
私が家にいるときは、外に出てお話をします。

シロ子ちゃんのお母さんも、一緒に生まれた兄弟も
今はもう誰もいないそうです。
野良わんこは、やはり栄養が悪いのでしょうか。
短命なようです。

シロ子ちゃんには、元気でもっともっと長生きしてほしいです。



最後まで見てくれてどうもありがとう。
スポンサーサイト

| シロ子ちゃん | 15:12 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

住民みんなが野良犬に寛容なタイでも、やっぱり野良犬は短命なのですね。。。

シロ子ちゃん、杏香さんちの家族になれてよかったね*^-^*
名前なんて気にしない、気にしないヽ( ´ー`)ノ

その後手の具合はどうですか~?

| さちこ | 2010/09/01 16:26 | URL |

★さちこさんへ

コメントどうもありがとうございます。
ご飯をもらえるといっても、やはり残り物ですからね~。
それに、お米の「ご飯」が主体だったりもしますから・・・
シロ子ちゃんの兄弟達は、5年くらい生きたようです。

手のほうは、ここのところ意識して使わないように
しています。ちょっとましになったような気も・・・
さちこさんのほうはいかがですか?

| 杏香@ほほえみの国 | 2010/09/01 18:04 | URL |

毎度ぉ~~v-16

シロ子ちゃんの衝撃の過去、何だか涙が出たわv-406

やっぱり、栄養が悪いんだろうなぁ。
野良犬が色々な人から、ご飯を貰えるのは、
それはそれはいい事だけど、
ワンコの事好きだけど、でもワンコの事あんまり知らない人っておるやんかー。
例えば、何を食べたらいけないのかとか・・。
あーゆうのも関係するんだろうね、多少は・・・。

笑顔が可愛すぎて、とってもお上品なシロ子ちゃん。
今は杏香さんのとこの子になれて、とっても幸せだろうね。

絶対長生きするで!

| Oliva | 2010/09/01 22:50 | URL | ≫ EDIT

★Olivaさんへ

いつもコメントどうもありがとう♪
シロ子ちゃんの過去、衝撃的だった!?
衝撃的なお話は、シロ子ちゃんに限らずあるけど
衝撃的過ぎて書けなかったりもする・・・

わんこが食べてはいけないものって
私も自分でわんこ飼うまでは知らなかった。
知らないでわんこに食べさせたりしてる人も多いだろうね。

わんこには、元気で長生きしてほしいよね~。^^

| 杏香@ほほえみの国 | 2010/09/02 13:23 | URL |

うちの実家のシロ(ネコ)は

もともとノラだったのを、近所に住むおばがエサをやるようになり、同時にウチにも通ってきていたため、母もエサをやるようになりました(完全に二股です 笑)。
結局ウチに住みついたのですが、最初にエサをあげていたおばは見た目から、「クロちゃん」、うちの母は「シロちゃん」と呼ぶように。
実際は、シロも入っていたり、クロも入っていたりなのですが。笑
おばはウチにきてシロを見るたびに「クロちゃん、おいで~♪」と言います。
本人も「シロ」「クロ」はっきりつけてほしいと思っているはず。。。。
それでも「にゃ~」と寄って行くあたり節操がありません。笑

・・・・ということを、シロちゃんの記事を読んで思い出しました。笑 
ちなみにシロはかなり長命、17歳です。

| ガーベラ | 2010/09/03 13:21 | URL |

★ガーベラさんへ

コメントどうもありがとうございます~。
シロちゃん、クロちゃん、どっちにも「ニャ~♪」ですか。(笑
かわいいですね。
17歳って、長生きですよねー。
きっとおばさまとおかあさまのあげるエサがよかったのでは?

そういえばアパートに来たネコちゃん、その後元気に育っていますか~?

シロ子ちゃん、他にも近所の人に「赤鼻ちゃん」と呼ばれていたようです。
鼻が黒くないから。

| 杏香@ほほえみの国 | 2010/09/03 19:56 | URL |

アパートのネコは

つい先日、ある日こつぜん二匹とも姿が見えなくなっていました。
だれかが持って行ったのではないかと。。。
なついていたので悲しいです。
いまだにエントランスに行くとその姿を探してしまいます。
今ごろは良い人のもとでおなかいっぱい食べて幸せに暮らしていると信じています。

| ガーベラ | 2010/09/03 20:52 | URL |

★ガーベラさんへ

あ、そうなんだぁ。
かわいかったですものね。
2匹ともどこかで大切に飼われているのでしょう。
でも、やっぱりちょっと寂しいですね。

| 杏香@ほほえみの国 | 2010/09/03 21:44 | URL |

シロ子ちゃんの背中の茶色い部分が“はあ~い”って感じの人の手に見えるのは私だけでしょうか。
なんか、かわいいですね。
今は幸せいっぱいって顔してますね。

| ちっと | 2010/09/03 22:27 | URL |

★ちっとさんへ

コメントどうもありがとう♪
そう言われると、“はあ~い”って見える~。^^
今までそういう風に見たことなかったから、ちょっとおもしろいです。
シロ子ちゃん、マイペースでお上品にすごしておりますです、はい♪

| 杏香@ほほえみの国 | 2010/09/03 23:52 | URL |

はう~~~数奇な運命ですね。
シロ子ちゃん、いい女はドラマがあるのよ^^;

それにしてもその女性が尋ねてくれなかったら
わからない過去。
シロ子ちゃんの年齢もわかったってことでしょうか。。
いい人たちにめぐり合えて良かったねシロ子ちゃん。
持って生まれた強運かしら♪
うんと幸せになるんだよ。

| 拓ママ | 2010/09/04 09:33 | URL |

★拓ママさんへ

腰が痛いのに、コメントどうもありがとうございます。
その女性とお話して、シロ子ちゃんの大体の年齢もわかりました。
シロ子ちゃん、うちに来たときから、「おすわり」「お手」が
できたんですよ。
だから、誰かが面倒見ていたんだろうなぁ、とは思ってました。

腰、お大事にね。

| 杏香@ほほえみの国 | 2010/09/04 12:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hohoemiland.blog89.fc2.com/tb.php/117-9aba4b69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。