わんわん・タイランド

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ハンディキャップ・アニマルの家」

去年の8月8日、バセットハウンドのトゥクトゥクが
胃捻転(下記詳細)のため、私たちのもとを離れて遠くへ旅立ちました。



100809_1.jpg
大好きなペコちゃん(左)と一緒でうれしそうなトゥクトゥク



1年経った昨日の日曜日、トゥクトゥクの供養をかねて
「ハンディキャップ・アニマルの家」に行ってきました。

ここには、交通事故などで障害を負ったわんこや、
生まれつきハンディがあるわんこがたくさん収容されています。

以前は、元気なわんこやネコちゃんもたくさんいたのですが、
バンコクから約60キロ離れたところに新たに施設を造り、
そちらの方に移され、面倒見てもらっています。



100809_2.jpg
以前あった健常犬のスペース(2009年4月)


100809_3.jpg
ネコのスペースには、訪問者が自由に
入ることができた(2009年4月)




100809_4.jpg


今回、出迎えてくれたわんこ。

元気でおとなしく、どんな理由でここに引き取られたのだろう、
と思っていたら、指が6本ありました。
ほかは、全然普通です。

宇庵パパに聞くと、今でもいろんな迷信を信じている人も
いるので、「よくないしるし」だから連れて来られたんじゃないか
と言っていました。



100809_5.jpg


子犬もいました。
近いうちに誰かにもらわれていきますように。



100809_6.jpg


暑さのあまり(?)水のたまったスペースに横たわっている・・・

なんだと思います?








100809_7.jpg


ブタのジュディちゃん。

写真ではよくわからないでしょうが、
むちゃデカイです。

私たちが呼んだら、こちらに来てくれました。



100809_8.jpg


あまりの大きさにビビリそうですが、
と~ってもおとなしい子です。



100809_9.jpg


大きさ、わかるかなぁ。
頭の上に置いた手の大きさから想像してください。

今でこそ巨体ですが、母ブタが子育て放棄、
生後1週間足らずでこちらに持ち込まれた時には、
とてもやせ細ってミルクも飲めない状態だったそうです。
それをスタッフが介護。こんなに立派になりました。



100809_10.jpg


障害のあるわんこたちがいるスペース。
もともと障害を持って生まれてきた子。
交通事故で障害を負った子、などがいます。



100809_11.jpg


起き上がれないけど、触って、と訴えかけるわんこ。



100809_12.jpg


こっちにも来てね! と熱い視線を送ってくるわんこ。



100809_13.jpg


この子は、以前から気になっている子。
去年来たときより、ずいぶん年をとってしまったようです。



100809_14.jpg


足があったら、そこら辺をすごい勢いで駆け回ったでしょう。
とても元気のよいわんこ。



100809_15.jpg


私たちが来たときには、元気に出迎えてくれたわんこたち。
お昼寝の時間になったようです。



100809_16.jpg


トゥクトゥクの名前で寄付をして、帰りには
施設の売り上げになるようにと、この布バッグと
ポロシャツを買って帰りました。



ランキングに参加中です。
よかったら、ポチッと押してくださいね。
↓↓

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「バセットハウンド」はこちら
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「MIX中型犬」はこちら
「ゴールデン」はこちら



胃捻転について
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


「​胃​捻​転​」​は​、​ま​ずは​じ​め​の​処​置​ま​で​の​時​間​が​生​死​を​大​き​く​左​右​し​ま​す​。
​あ​る​サ​イ​ト​で​は​、​こ​の​病​気​は​「​事​故​の​よ​う​な​も​の​」​と​ま​で​書​い​て​い​ま​し​た​。
​そ​れ​は​突​然​に​起​き​ま​す​。​サ​イ​ン​を​見​逃​さ​な​い​よ​う​に​し​て​く​だ​さ​い​。

 ​ ​・​前​足​を​伸​ば​し​、​お​尻​を​上​げ​て​苦​し​そ​う​に​し​て​い​る
​ ​ ​・​い​つ​も​と​違​う​。​落​ち​着​き​が​な​い​。​背​中​を​丸​め​る​。​そ​わ​そ​わ​す​る
​ ​ ​・​吐​こ​う​と​す​る​が​、​実​際​に​は​吐​か​な​い​(​吐​け​な​い​)
​ ​ ​・​苦​し​そ​う​な​呼​吸
​ ​ ​・​「​よ​だ​れ​」​が​た​く​さ​ん​出​る
​ ​ ​・​泡​を​吹​く
​ ​ ​・​口​の​周​り​に​泡​状​の​も​の​が​付​着​。​ ​泡​状​の​粘​液​を​吐​く
​ ​ ​・​腹​部​(​胃​)​が​膨​張​す​る​ ​(​犬​の​胃​は​、​胸​部​に​近​い​左​側​で​す​)
​ ​ ​・​歯​茎​の​色​が​変​わ​る​(​黒​っ​ぽ​く​な​り​、​や​が​て​青​白​く​な​り​ま​す​)
​ ​ ​・​苦​し​そ​う​に​う​め​き​声​を​あ​げ​る​が​、​吠​え​た​り​、​大​き​な​声​を​出​し​た​り​で​き​な​い


​「​胃​捻​転​」​は​大​型​犬​に​多​く​発​症​す​る​病​気​で​す​が​、​
小​型​犬​や​ネ​コ​で​も​発​症​す​る​こ​と​は​あ​る​そ​う​で​す​。
夜​に​発​症​す​る​こ​と​も​多​く​、​「​ち​ょ​っ​と​様​子​を​見​て​」​と​思​っ​て​
処​置​が​遅​れ​る​と​ま​ず​助​か​り​ま​せ​ん​。


もっと詳しく知りたい方は、「胃捻転」で検索するとでてきます。
(私が以前検索したサイトは、今はなくなってしまったようです)



トゥクトゥクは、夜中に発症。
病院に連れて行き、緊急手術したときには、
臓器はだいじょうぶだったそうです。
しかし、その後合併症を引き起こし、助かりませんでした。

トゥクトゥクは、よくおなかにガスがたまっていました。
ガスがたまりやすい子は、胃捻転にかかりやすい
と言う記述もあります。
大豆を使用したご飯や、脂肪分が高すぎるご飯は、
おなかにガスがたまる原因になるとも言われますので、
注意が必要です。


「胃捻転」は、死亡率の非常に高い病気です。
どうかこういう病気があるということを、
どこか頭の隅にでも覚えておいてください。



最後まで読んでくれてどうもありがとう。
スポンサーサイト

| トゥクトゥク | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
辛い病でトゥクトゥクちゃんを見送ったのですね。
急にさよならだったんですね。  胃捻転・・・怖いですね。
 タイはワンをとても大切にされる国だとは聞いております。
障害があってもそんな風に生活できる施設があるって素晴らしいですね。 スタッフの方々のご苦労に感謝です。
 みんな大切な一つの命。
言葉を話せない分、人間がしっかり愛犬のサインを見ていないといけないのですね。 ウチの空はお腹の弱い子なのでいつも心配です。 

| 空母 | 2010/08/10 11:21 | URL | ≫ EDIT

★sora母さんへ

コメントどうもありがとうございます。
これだけ多くのわんこたちが事故に遭うのって?
こういうところで、どこにも行けずにいるのって幸せなの?
とも思いますが、自由に動けなくても、目をキラキラさせて
なでてもらいたがっているのを見ると、そこにも幸せは
あるんだと思います。

胃捻転、コッカーにも起こりやすいという記述がありました。
こういう病気があるということを知っているだけでも、
いざという時の対処が違うと思います。

> すりおろしニンジンは、ゆるい便の子にいいんですv-391
> ちょっとだけでいいし!

ポポロさんから教えていただきました。
参考にしてくださいね。

| 杏香@ほほえみの国 | 2010/08/10 12:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hohoemiland.blog89.fc2.com/tb.php/111-c71cf0d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。