わんわん・タイランド

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チッチ君のこと その5

ソムタムはチッチ君が大好き。

チッチがだんだん元気がなくなっていく間、
いつもそばにいてくれた。



110729_1.jpg
チッチ君(奥)とソムタム



なにしてるの~?



110729_2.jpg
「チッチのにいちゃん見てるのなの~♪」




こんなこともあった。



110729_3.jpg
「狙ってるのなの~」



110729_4.jpg


110729_5.jpg
大好きな服の取り合い(スマートフォンで作成)


ソムタムの度が過ぎると、お姉ちゃん役のペコちゃんが
中に割って入った。
いい兄弟だよね。




つらい宣告を受けてから、それにあわせたように
チッチ君の元気がなくなっていった・・・


ドライフードがメインだったごはん。

缶詰の割合が多くなり、缶詰だけに。


でも、缶詰も食べなくなり、手作りごはんに。



110729_6.jpg



パクパク食べたよね。

うれしかった。

このままたくさん食べて、また元気になると思ったよ。




110729_7.jpg




キャベツににんじんにお肉♪

これだけ買ったら、○日分あるなぁ。



そう思って買った新しいキャベツ、
結局そのままチッチ君のおなかに入ることはなかった。




110729_8.jpg
「いつもいっしょにいたいのなの~」(ソムタム、左)



手作りごはんから、再び缶詰へ――
でも、今度の缶詰は、先生ご指定のもの。


注射器で口の中へ。





でも、私は信じてた。
チッチ君はまだまだがんばれるんだって。






人気ブログランキングへ
 

にほんブログ村 犬ブログへ チッチ君とソムタムの昼寝
↑犬ブログへ
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「バセットハウンド」はこちら
「ゴールデン」はこちら
「MIX中型犬」はこちら





最後まで見てくれてどうもありがとう。
スポンサーサイト

| パクチー | 18:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チッチ君のこと その4

チッチの組織検査を頼んで数日後、
病院からの電話が鳴った。

ちょうど宇庵パパがお休みの日で、ふたりで
日本のラーメン屋さんに来ていた。


余命は、1~3カ月。

残された日々を充実させてあげてください。



そう告げられた。



”クオリティ・オブ・ライフ”


チッチのために何がしてあげられるんだろう。



久しぶりに食べた日本のラーメン。
おいしいのに、泣きながら食べた。





首の不調で、ずっと続けていたバイトも
3月からお休みしていた私。


体の具合が悪くて、よかった。


心の底からそう思った。

毎日家にいて、チッチの面倒を見れる。
悲しいけど、うれしかった。


でも、それがとてもつらいことだとわかるのはすぐだった。




110726_1.jpg
ちょっとかっこいいチッチ君。病院にて







人気ブログランキングへ
 

にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「バセットハウンド」はこちら
「ゴールデン」はこちら
「MIX中型犬」はこちら





最後まで見てくれてどうもありがとう。

| パクチー | 20:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チッチ君のこと その3

友だちのわんちゃんが、看病してもらって
ひざの上で亡くなったという話を聞いたときに
なんだかとてもうらやましかった。



トゥクトゥクのときは、胃捻転で緊急手術をしてから
たった2日でいなくなってしまったから。

そのときは看病も何もしてあげられなくて
とても悔しかった。



ちゃんとそばにいてあげることができるなんて、
なんて幸せなんだろうって思ってた。




でも、それが間違いだったということにすぐに気がついた。



限りがある命、もうすぐいなくなってしまうあなた。

そばにいられたことは、幸せだったんだろうと思う。

でも、それ以上につらかった。苦しかった。



ああ、私はなんてバカだったんだろう。
友だちは、毎日とても悲しくつらかったのに・・・

心の中で友だちに、ごめんね、とつぶやいた。



私は、毎日泣きました。

まだチッチがそばにいて幸せなはずなのに泣きました。



110725_2.jpg
チッチ君(左)とトゥクトゥク。今ごろ何を話しているの?





人気ブログランキングへ
 

にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「バセットハウンド」はこちら
「ゴールデン」はこちら
「MIX中型犬」はこちら





最後まで見てくれてどうもありがとう。

| パクチー | 18:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胃捻転について――トゥクトゥクの場合

2年前、バセットハウンドのトゥクトゥクが死んでしまいました。
胃捻転です。

09年8月6日(木)の夜中、気がついたときには
トゥクトゥクのおなかがこれまで見たことのないくらい
パンパンに膨れていました。

宇庵パパは、


どうせ何か変なものを食べたのだろう


と、庭に出しましたが、私が一緒に出て様子を見たところ
吐くに吐けず、下からも何も出ないようでした。


なにかおかしい。
なにか危険だ。



異常さに、あまり危機感のない宇庵パパをせかして
動物病院へ。


診断は、「危険な状態」。
50-50の確率だといわれました。



胃にガスがたまり、何かの拍子で胃がくるっと回転する。


胃捻転です。


胃がねじれているので出口がなく、
上からも下からも胃の中のガスを出すことができません。


まず、胃の中のガスを抜き、その後開腹手術をして
胃を元の位置に戻しました。
その後、72時間何も起こらなければ大丈夫だと
いわれました。

発見が遅く処置が遅れるとまず、胃が機能しなくなり、
壊死します。そして、徐々に周りの臓器も壊死し、
最後には死に至ります。

手術をしたとしても、胃を元に戻した際、血流が改善することで
死にかけていた臓器に蓄えられた毒素が体内を駆け巡り、
術後死に至ることもあるそうです。
そして、手術がうまくいったとしても、合併症を併発して
死ぬこともあります。



トゥクトゥクの場合、開腹した時、胃、そのほかの臓器は
大丈夫だったそうです。
しかしその後、肺に問題を併発しました。


8月8日の夜、病院から電話がかかってきました。


残念ながら、先生の言った「72時間」が
経つことはなかったのです。



翌日、ペコちゃんを連れてお寺で荼毘に付しました。
トゥクトゥクは、ペコちゃんが大好きだったのです。



110725_1.jpg
大好きなペコちゃん(右)といっしょでうれしそうなトゥクトゥク




胃捻転が起きた場合、飼い主さんがこの病気の
重大さに気がつくかどうかがわんこの生死を
分けるといってもいいかも知れません。

胃にガスがたまっていてとても苦しくてもわんこは
動き回ることができるため、まず様子を見ようと思う
飼い主さんもいるようです。


それが夜中に起こったら? 


朝まで待って病院に連れて行こうと思ったなら、
まずわんこの命はありません。


現にうちも宇庵パパは、病院に連れて行くことを渋りました。


夜中でもう寝る時間なのに。
明日は仕事がある。
こんなに動き回っているのになんで?



そう思ってしまうのは仕方ないかもしれません。


この病気は、夜中に発症することも多いそうです。

だからわんこを飼っている皆さんには、
こういう病気もあるということを知っていただきたいのです。

胃捻転という病気のことをどうか頭の隅にでも覚えておいてください。


症状などもう少し詳しく知りたい方は、こちら





人気ブログランキングへ
 

にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「バセットハウンド」はこちら
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「ゴールデン」はこちら
「MIX中型犬」はこちら

| 病気 | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チッチ君のこと その2

前回に引き続き、しばらくチッチ君のお話にお付き合いください。
私の気持ちを整理したいのです。

チッチ君は、もういません。





チッチは小さいときから元気いっぱいだったね。
次男のトゥクトゥク(故、バセットハウンド)は
正反対に寝てばっかり。
足して2で割りたいくらいだった。



110722_1.jpg
チッチ君(左)とトゥクトゥク




トゥクトゥクもペコちゃんも定期的に病院にかからなくては
いけないのに、チッチは病気らしい病気もしなかった・・・


年とって、さすがに前のような元気はないけど
はしゃいだり、走り回ったり、おじいちゃんなんてこれっぽっちも
思ったことなんてなかった。


でも、耳だけはちょっと遠くなったよね。
おかげで、雷がなってもひざの上に上がろうとしなくなって
私は助かったけどさ~(笑




体にこぶのようなできものができて、おかしいねって
病院に連れて行ったときには、もう遅かった。
ごめんね。もうちょっと早く気がついてあげられたらよかった。


手術したかったけど年だし、血液検査の結果が悪いことに加え
肺にも腫瘍があって手術は無理って言われちゃった。



あと1~3ヶ月の命って言われた。



でも、私はチッチはきっと3ヶ月経っても
まだ元気いっぱいだって信じてた。


だってこんなに元気なのに。
こんなにニコニコしているのに。



110722_2.jpg



ねえチッチ、私がそう思っても不思議じゃないよね。






人気ブログランキングへ
 

にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「バセットハウンド」はこちら
「ゴールデン」はこちら
「MIX中型犬」はこちら





最後まで見てくれてどうもありがとう。

| パクチー | 15:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チッチ君のこと

大変ごぶさたしております。
というか、すでに忘れ去られているものと思いますが・・・

首の不調で、ブログをお休みしてからかな~り経ちます。
今年1月末には、

もうリハビリも卒業! 復帰よ~~♪♪♪

というところまでこぎつけたのですが、担当医の

○○をしたら、もっとよくなる

という言葉にころっとだまされ(?)、その治療を受けたところ
地獄に落ちました。




今日は久々のアップです。



チッチ君のことを書こうと思います。


チッチ君、14年前の12月にうちにやってきました。

はじめにつけた名前は、「ソニー」。
チッチ君を連れて帰る途中に見た、でかい看板から・・・
とても安易な名前付けでした。

が、タイ語のアクセントが~~!!!
平坦に発音されず、「ニィ~」にアクセントが置かれます。
その発音に我慢ができず、どうせだったらタイらしくてかわいい名前♪
と、いうことで決めたのが「パクチー」です。



110721_1.jpg
パクチー。タイ料理によく使われます



笑われましたね~。
近所の人に名前を聞かれて、「パクチー」というと、
あはは、と笑われるんです。

どうも、わんこに「きゅうり」や「だいこん」と名前を
つけたのと同じような感覚だったようです。

タイ人だってわんこに「すし」や「ししゃも」、
中には「すもう」って名前つけてたりするのにね。^^




我が家に来て、少し経った翌年の1月のこと。
チッチ君(パクチー)にとって、人生を変える大事件が起こります。



110721_2.jpg
なんか小さい時の方がフケ顔



タイには、中国系タイ人がたくさん住んでいます。
わが夫、宇庵パパも中国系です。
そういう人たちは、旧暦で中国の行事を祝います。
(うちは、義母の家に行って行事をします)


その年は、中国正月が1月にありました。

その日は、とても涼しく気持ちいい日でした~。

あぁ、私は今でもはっきりと覚えていますよ。

とても涼しい風が吹き、午前中だというのに
ちょっとソファでいい気持ちになっておりました。

チッチ君はというと、やはりいい気持ちで網戸になった
ドアのところでうたた寝をしておりました。


あぁ、なんて気持ちいいんだろう♪


と、その時、すぐ隣の家で


パパパパパパパン、パン、パン!!!!!


お隣さんが、旧正月で爆竹を鳴らしたのです。

どれほどビックリしたことでしょう。
飛び起きましたよ、私。

と、同時に見たのですよ、

チッチ君が、オシ●コをちびりながら逃げるところを・・・
目が恐怖のあまり見開いておりました。



それからだと思います。
チッチ君が非常に音に敏感になったのは。

激しい雨の音、雷はもちろんのこと、突発的に聞こえる音には
異常に反応します。



110721_3_20110721164026.jpg
いつもは、ニコニコなんだけど~



この、音への過剰反応は、チッチ君の耳がちょっと遠くなるまで
続きました~。(笑





人気ブログランキングへ
 

にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「バセットハウンド」はこちら
「ゴールデン」はこちら
「MIX中型犬」はこちら





最後まで見てくれてどうもありがとう。

| パクチー | 17:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。