わんわん・タイランド

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

胃捻転について――トゥクトゥクの場合

2年前、バセットハウンドのトゥクトゥクが死んでしまいました。
胃捻転です。

09年8月6日(木)の夜中、気がついたときには
トゥクトゥクのおなかがこれまで見たことのないくらい
パンパンに膨れていました。

宇庵パパは、


どうせ何か変なものを食べたのだろう


と、庭に出しましたが、私が一緒に出て様子を見たところ
吐くに吐けず、下からも何も出ないようでした。


なにかおかしい。
なにか危険だ。



異常さに、あまり危機感のない宇庵パパをせかして
動物病院へ。


診断は、「危険な状態」。
50-50の確率だといわれました。



胃にガスがたまり、何かの拍子で胃がくるっと回転する。


胃捻転です。


胃がねじれているので出口がなく、
上からも下からも胃の中のガスを出すことができません。


まず、胃の中のガスを抜き、その後開腹手術をして
胃を元の位置に戻しました。
その後、72時間何も起こらなければ大丈夫だと
いわれました。

発見が遅く処置が遅れるとまず、胃が機能しなくなり、
壊死します。そして、徐々に周りの臓器も壊死し、
最後には死に至ります。

手術をしたとしても、胃を元に戻した際、血流が改善することで
死にかけていた臓器に蓄えられた毒素が体内を駆け巡り、
術後死に至ることもあるそうです。
そして、手術がうまくいったとしても、合併症を併発して
死ぬこともあります。



トゥクトゥクの場合、開腹した時、胃、そのほかの臓器は
大丈夫だったそうです。
しかしその後、肺に問題を併発しました。


8月8日の夜、病院から電話がかかってきました。


残念ながら、先生の言った「72時間」が
経つことはなかったのです。



翌日、ペコちゃんを連れてお寺で荼毘に付しました。
トゥクトゥクは、ペコちゃんが大好きだったのです。



110725_1.jpg
大好きなペコちゃん(右)といっしょでうれしそうなトゥクトゥク




胃捻転が起きた場合、飼い主さんがこの病気の
重大さに気がつくかどうかがわんこの生死を
分けるといってもいいかも知れません。

胃にガスがたまっていてとても苦しくてもわんこは
動き回ることができるため、まず様子を見ようと思う
飼い主さんもいるようです。


それが夜中に起こったら? 


朝まで待って病院に連れて行こうと思ったなら、
まずわんこの命はありません。


現にうちも宇庵パパは、病院に連れて行くことを渋りました。


夜中でもう寝る時間なのに。
明日は仕事がある。
こんなに動き回っているのになんで?



そう思ってしまうのは仕方ないかもしれません。


この病気は、夜中に発症することも多いそうです。

だからわんこを飼っている皆さんには、
こういう病気もあるということを知っていただきたいのです。

胃捻転という病気のことをどうか頭の隅にでも覚えておいてください。


症状などもう少し詳しく知りたい方は、こちら





人気ブログランキングへ
 

にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「バセットハウンド」はこちら
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「ゴールデン」はこちら
「MIX中型犬」はこちら
スポンサーサイト

| 病気 | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病院通い

先週の土曜日に、ペコちゃんを連れて病院に。



10118_1.jpg


その1週間前に出してもらったお薬で、
かなり皮膚の状態はよくなりました。



ペコちゃんと一緒に、お庭組のシロ子ちゃんと・・・


10118_3.jpg



コーラちゃんも同伴♪


10118_2.jpg




おふたりには、虫除けの注射をしてもらいました。

そうそう、コーラちゃん、26.2キロになりました♪(来た当時は、こんなんでした)
一段とセクシーさを増しております。



シロ子ちゃんと、コーラちゃんの写真は
こうやって撮れるのですが・・・


10118_4.jpg



ペコちゃんは、じっとしていてくれません。
撮ろうとしても、こんな感じ。


10118_5.jpg


なんか、目隠しして怪しげな写真になってるし・・・
唯一ぶれてない写真が1枚目です。



ペコちゃんは、もう少しお薬を飲むことになりました。


早くよくなろうね、ペコちゃん♪




と、病院の話は、ここで終わるはずだったのに・・・


翌日曜日のお話になります。

毎日曜日は、義母を囲んでお食事会があります。
朝、ふつうにわんこたちにご飯をあげて、
私たちは、お食事会に。

そのときはどこも変わったところはなかったのですが、
3時ころ帰ってくると、チッチ君の様子がおかしい。

顔に生気がないんですね。


おかしいなぁ、チッチ君どうしたの?


トイレにちょっとゆるいウンPと、階段の踊り場に
吐いたあとを見つけました。
耳を触ってみると、ちょっと熱い。


様子を見る?

いやいや、もう14歳だし早めに病院に行ったほうがいいんじゃない?


ということで、2日続けて病院に。



お薬を混ぜてもらった点滴をして、
飲み薬も出してもらいました。


帰ってきてからは、ご覧の通り。


10118_6.jpg
ずっと眠るチッチ君



月曜日は、缶詰をあけてがんばって食べてもらいました。

顔は、かなり明るく元気が出てきましたが、
具合が悪いとずっとそばにいてほしいのでしょうか、
いつもになく引っ付いてきました。


10118_7.jpg



チッチじいちゃん、心配したよ~。

早くもとの元気なチッチ君に戻ってね~!!!




ランキングに参加中です。
↓↓

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「バセットハウンド」はこちら
「ゴールデン」はこちら
「MIX中型犬」はこちら



最後まで見てくれてどうもありがとう。

| 病気 | 23:08 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フードのせい!?

みなさんは、何気なく毎日買い物されていることかと思いますが、
例えば、日本で問題になった製品はどうなると思いますか?

そのまま廃棄?

そのまま廃棄されるものもあるでしょうが、
その問題のあった製品を、ほかの国に売っているということもあるんです。

以前、生産地を偽ったうなぎを販売していた問題がありました。
その後、その問題のうなぎの売り上げは確実に下がりましたよねー。
では、その売れなかったうなぎはどこに行ったのでしょう。

その問題発生後、タイではうなぎが多く出回りました。
その関係はいかに・・・



さて、本題のわんこブログに。^^


最近、スーパーで新しいドッグフードを
見かけるようになりました。
聞いたことないけどなぁ、とネットで調べて見ると
有名なブランドみたいです。私が知らなかっただけ?

でも、日本語サイトの通販のサイトを見る限り
こちらのスーパーで売られている袋のタイプは古いみたい。
これは、新しい型が出たので古いのを後進国に
輸出しているんだな、と買ってみることにしました。


部屋組は、ペコちゃん、ソムタムに療法食を
あげなくてはならないので(チッチ君は問題ないけど)、
ニワ組のシロ子ちゃんとコーラちゃんにあげることに・・・



100928_1.jpg
前に食べ物アレルギーが出たけど、今はもうすっかり治ったの~
(ソムタム)



今までのドライフードに少し混ぜてあげました。
シロ子ちゃんは食べたけど、コーラちゃんは食べません。



100928_2.jpg
あら、だってそれにはちゃんと理由があったのよ
(コーラちゃん)



ありゃ~。


でも、コーラちゃんは食べたがらないこともあるので
あまり深く考えませんでした。

コーラちゃんにもっと太ってもらいたくって、
初めにドライフードのみを1カップ。
それを食べたら、半カップから1カップのドライフードに
缶詰を混ぜて食べさせています。

ドライフードだけでは新しいフードを食べなかったので、
缶詰と混ぜてあげる時に新しいフードを少し入れ食べさせました。

そうやってごまかしながら新しいフードを
増やすつもりだったのですが、
翌日だったか、翌々日だったか・・・
朝、コーラちゃんがどうしても食べようとしてくれなかったのです。


どうしたのかな?


そうは思いましたが、それまでも少ししか食べない時もあったので
それ以上は考えませんでした。

そのあと、庭に食べ物を吐いたあとを見つけました。


新しいフードに変えようとしたところだったので、
そのフードがコーラちゃんに合わなかったのだ。



そう思って、それ以降はコーラちゃんにあげるのをやめました。
でも、シロ子ちゃんはパクパク食べるし、吐くようなことはないので
ほかのフードと混ぜてあげてました。



100928_3.jpg
野良で鍛えたこの体でございます~。少々のことではびくとも・・・?
(シロ子ちゃん)



とはいえ、この袋を食べきったらもう買うのはやめようと思い
それまでの間ということで、部屋組のチッチ君にも少し混ぜて
食べさせてました。



100928_4.jpg
杏香ママのひざは気持ちいいのだ(チッチ君)



チッチ君は、初めはパクパク食べたものの、その後は
もうひとつのフードをより分けて食べているような感じ。





そして昨日。


ペコちゃんとソムタムのご飯はきっちりと量っているのですが
チッチ君は自分の食べる量を知っているので、食べ過ぎることがなく、
いつもちょっと多めに入れて残ったらそれをニワ組にまわすようにしています。

昨日の朝もそうやって、チッチ君のご飯が余りました。
先に食べ終わったペコちゃん、私のスキを見てタタ~ッとチッチ君のご飯に突進!



100928_5.jpg
育ち盛りの乙女ですもの♪(ペコちゃん)  えっ!?(杏香)



あ~!!


と、思ったものの、ペコちゃんはそれほど厳格に
食事制限されているわけではないので、
たまにはいっか、とチッチ君の残りご飯を食べさせてしまいました。
残りご飯は、ほとんど新しいフードでした。


その日の午後、ペコちゃんがいつになくそわそわして
おかしいな、と思っていたら吐いたのです。


ペコちゃん、今迄に吐いたことなんてあっただろうか。


原因を考えたんですが、チッチ君の残りご飯を食べたことくらいしか
思いつかないのです。


そして・・・


そういえばシロ子ちゃん、
       最近なんかおかしいのよね。



体がかゆいみたいだし、おなかの辺りが
少し赤くなっているような気がしてました。
部屋組のわんこは週1のシャンプーですが、
ニワ組のわんこ(特にシロ子ちゃん、ごめんね)は、
ちょっとシャンプーをサボったりしていたので
そのせいかと思ってたんです。


!!!!


「あっ」と思って今朝、シロ子ちゃんをちゃんと見てみました。



100928_6.jpg



口の周りが赤い!



これってアレルギーの時とかにこんな風になったりしますよね。
どう考えたって、あの新しいフードが原因に思えてきます。


もしかして、私はとんでもないフードを
あげ続けていたのではないだろうか!?

もしかしてそのフードは、原産国で問題があったので、
ほかの国に回ってきたのではないだろうか!?



全部私の憶測です。

たまたま、わんこが具合が悪くなったのと重なっただけかもしれません。
でも、もう2度とそのフードは買うまいと思ったのでした。



100928_7.jpg
シロ子ちゃんの写真を撮ろうとしたら、心配して駆けつけたコーラちゃん





ランキングに参加中です。
よかったら、ポチッと押してくださいね。
↓↓

人気ブログランキングへ



にほんブログ村 犬ブログへ クリック!
↑犬ブログへ
「MIX中型犬」はこちら
「バセットハウンド」はこちら
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「ゴールデン」はこちら




そのフード、日本のではありません。
それにもし本当に問題があったとしても、
後進国にまわってくるとしても
日本に売るとは考えられません。

これを読んで心配されたらごめんなさい。


でも、わんこの味覚を信じましょうね。
食べたがらないフード、もしかしたら何かあるかもしれません。

以前、アメリカでフードが原因でわんこが死ぬ事件がありました。
わんこが食べたがらないのに、飼い主さんが
わんこのわがままだと思い、無理やり食べさせた例もありました。
(というか、わんこにはそのフードしか選択肢がなかったため
それを食べざるを得なかった)

そのフードには、本来入っていてはいけない成分が入っていた
ということだったように記憶しています。

そのわんこは、そのフードが原因で死にましたが、
飼い主さんは、無理に食べさせたことを後悔していました。


私も、わんこを信じることを忘れていたようです。
反省。




最後まで見てくれてどうもありがとう。

≫ Read More

| 病気 | 17:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病院にレッツゴー

昨日のブログと話は前後しますが、
7日(土)は「病院の日」でした。

ヒト様もわんこ様も。

まずは、私の通院。

指の神経が炎症を起こしてます。
だいぶよくなってきたので、薬を少し
減らすことになりました。

次回は3週間後に通院です。



さて、私の病院が終わって家に帰ってきたらすぐに
ペコちゃんとソムタムをつれて動物病院にお出かけ。

帰ってすぐにふたりを連れて出かけたらチッチ君怒るよね~。
しょうがないから、今回もチッチ君付き添いで病院へ。



100810_1.jpg
出番はこの1枚だけなのに、ボケてるでございます~(シロ子)


シロ子ちゃんは、一緒に行きたいのはわかるけど、
コーラちゃんひとりで置いていくのはかわいそうだから
お外のふたりはいっしょにお留守番ね。
ごめんね~。



車の中、チッチ君は例によって
座席から下半身落ちてます。(笑


100810_2.jpg


でも、ちょっと楽しそうな顔だねー。



100810_3.jpg


ペコちゃん、景色が見たいんだったら助手席に
座ってよかったんだよ~。
後ろ、ひしめき合ってるしさ~。



100810_4.jpg


ま、ひとりだけちゃんと1人前場所を確保している
ひとがいますけどね。




さて、病院到着。


\アタシ20キロ。コーラねーちゃん21キロ。納得いかないのなの~/byソムタム
100810_5.jpg
/アタシは、納得しちゃうわ~。ガツガツ食べてるんだもの~\byペコちゃん


ソムタムは、ロイヤルカ●ンだけを食べて
皮膚の赤味、脱毛はなくなりました。
でも、もう少し療法食を続けることに。

ペコちゃんは、組織検査の結果が出ました。
皮膚病がひどいけれど、ほかには問題がないとのこと。
ホッとしたけれど、このしつこい皮膚病を早くどうにかしたい。



ところで、付き添いのチッチ君、楽しそうですね~。


100810_6.jpg
テヘッ♪


やっぱりお出かけ楽しいよね?
でも、実は途中車の中でブルブル震えてたけど。(笑



このごろ、ソムタムの車酔いも軽くなってきたようです。
以前は、よだれでキッチンペーパー1本使ってしまうかと
思うくらいだったけれど、最近はほとんどよだれも出ません。



が、しか~し



100810_7.jpg


安心していたら、この日の帰り、ゲロゲロ。
吐いちゃいました。
あちゃ~。






ランキングに参加中です。
よかったら、ポチッと押してくださいね。
↓↓


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログへ
↑犬ブログへ
「バセットハウンド」はこちら
「Eコッカー・スパニエル」はこちら
「MIX中型犬」はこちら
「ゴールデン」はこちら





コーラちゃんは最近、裏庭の砂地を少し掘ってそこに横になるのが
お気に入りのようです。
冷たくて気持ちいいのかな。


100810_8.jpg



先日、コーラちゃんとシロ子ちゃんを連れて散歩に出たところ、
ちょっとしか歩いていないのに、コーラちゃんがへたり込んでしまいました。

え~!!

と、思ったんですが、血液検査でちょっと貧血気味だと
言われていたのでした。
そういえば、どちらかというと横になっていることのほうが多いものな~。
ちょっと気をつけようと思いました。




最後まで見てくれてどうもありがとう。

| 病気 | 11:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

胃捻転について

胃捻転」は、

はじめの処置までの時間が生死を大きく左右

します。
あるサイトでは、この病気は「事故のようなもの」とまで書いていました。

それは 突然に 起きます。
サインを見逃さないようにしてください。



  ・前足を伸ばし、お尻を上げて苦しそうにしている
  ・いつもと違う。落ち着きがない。背中を丸める。そわそわする
  ・吐こうとするが、実際には吐かない(吐けない)
  ・苦しそうな呼吸
  ・「よだれ」がたくさん出る
  ・泡を吹く
  ・口の周りに泡状のものが付着。 泡状の粘液を吐く
  ・腹部(胃)が膨張する (の胃は、胸部に近い左側です)
  ・歯茎の色が変わる(黒っぽくなり、やがて青白くなります)
  ・苦しそうにうめき声をあげるが、吠えたり、大きな声を出したりできない




胃捻転」は大型に多く発症する病気ですが、
小型やネコでも発症することはあるそうです。


夜に発症することも多く、「ちょっと様子を見て」と思って
処置が遅れるとまず助かりません。

を飼っている方はどうか、こういう病気があるということを
頭の隅に置いておいてください。

| 病気 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。