わんわん・タイランド

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペコちゃん、ごめんね

2013年9月15日。

私が日本に帰って来た日です。
日本に帰って、少しゆっくりすれば
体調などよくなるかと、
簡単に思っていました。

でも、甘かったようです。

帰って来た当初は、身体中が痛くて、
半日横になっていることも
珍しくなかったです。
帰って来て、帯状疱疹にも
かかりました。
いずれも、今まで溜まっていた
ストレスから出た症状です。

本当に、よくこんな状態で
生活していたものだと思います。

以前に、

「心身ともにボロボロになって
帰って来ました」

と書きました。

正直に書きます。
心も病んでました。
もう、私の許容範囲を
完全に超えていました。


でも、しばらく休めば…


そう思った私は、甘かったようです。

ムチウチの後遺症に加え、
精神面でも治療を受けなくては
ならなかったのです。

ずっと気力だけで過ごしていたような
気がします。
それが、ボス君の死でバランスが
完全に崩れたのです。

ムチウチも精神面も、
長期の治療になるでしょう。

そんな時、ペコちゃんが
治らない病気だとの連絡がありました。







残された時間は限られている。

タイに戻って、ペコちゃんの看病をしたい。

でも、私の身体はそれに耐えられるのか!?

タイに戻って、私の心はだいじょうぶだろうか!?


通っているクリニックの先生に相談しました。


犬を取るか、自分を取るか。


私がタイに行けば、
治療はスタートラインに戻るだろう。
悪くすれば、それよりももっとひどい
状態になるかもしれない。

日本に帰ってくる前、身体中の痛みに加え、

「どうやって息するんだっけ?」

そんな、普通では考えられないような
感覚にも陥りました。

今体重は、10キロ減ってしまいました。


私は、自己判断で薬の服用をやめて、
苦しむ友だちの姿を見ています。
どれだけ苦しいものなのか、
この目で見ています。

順調に行けば、1年半から2年の治療で
すむものが、5年、10年かかることに
なるかもしれない。
もしかしたら、一生?
すでに先生からは、私は犬のことを
考え過ぎて、治療がうまく進んで
いない、と言われています。

犬から遠ざかった生活をしなさい。
しはらくは、他の犬を触ることも
やめた方がいいでしょう。

そんなことも言われています。
実行するのはなかなか難しいけど。



私は、弱かったのです。


自分を取りました。
ペコちゃんに、会いに行くという
選択肢を選ばなかったのです。



仲良しのソムタム(左)と



私にできることは、
毎日神社にお参りすることくらい。


痛くないように。

苦しくないように。


そんなことを、ただ祈るだけ
だったのです。




ある日、胸さわぎがしました。
ペコちゃんのことが、
とても気にかかります。

翌日になっても、
胸さわぎはおさまりません。


夫を知っている知人に連絡しました。


「ペコちゃんについて、なにか知って
いたら教えてください」


帰ってきた答えは…


その日の朝、ペコちゃんは息を引き取った


という悲しい知らせでした。






号泣しました。

文字では、簡単に書けます。

「号泣」

今までの人生、泣いたことは
数知れずあります。
でも、号泣したことはなかったです。
それほど声を出して泣きました。



一度も会わずに逝ってしまいました。
なにもしてあげられませんでした。







翌日は、クリニックの通院の日。
診察室に入るなり、


「先生、私、もうダメです…」


今まで、私の手を離れ、遠くに逝って
しまった子たちは、
みんな私に会いに来てくれたけれど、
ペコちゃんは来てくれなかった。
私が見捨てたからだ。


そんな私に、先生は、


身体から魂が離れても、それから
四十九日はこの世にとどまっている。
その間に、次の生が与えられるのだよ。
あなたは、ペコちゃんのことを
嘆き悲しむべきではない。
次に授かるであろう新しい命が、
彼女にとって幸せになるように
祈るべきだ。あなたが悲しんでも、
ペコちゃんは喜ばないよ。

四十九日、その間にきっとペコちゃんは
会いに来てくれるよ。


そう言ってくださいました。

救われたような気がしました。
私は今、ペコちゃんのために、
毎日お祈りしています。



今はもうふたりともいません。
トゥクトゥク(右)は、
ペコちゃんのことが大好きでした。
きっと、やさしくペコちゃんのことを
迎え入れてくれたことだと思います



生まれ変わったら、
幸せな人生がおくれますように。

痛かったり、苦しかったりすることが
ありませんように。

そして、また、私と巡り会うことが
できますように。
その時は、最後まで一緒にいることが
できますように。




サンタクロースのお姫さまに扮した
ペコちゃん



ペコちゃんを見捨ててしまったという後悔は、一生ぬぐえないでしょう。

それは、私に与えられた罰です。






ペコちゃん、ごめんね。
でも、ペコちゃんのことは大好きだから。
この気持ちは誰にも負けないから。

今度会う時は、もっと早く、
そして最後まで一緒にいようね。

ごめんね、ペコちゃん。







2014年7月10日朝、ペコちゃん永眠。





さようなら、ペコちゃん。
でも、それは次に会うための言葉。
次に出会える日を信じて待っています。




≫ Read More

スポンサーサイト

| ペコちゃん | 03:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボス君のお別れとごあいさつ

2013年8月に、写真までは
用意したものの、それ以降の
作業が進みませんでした。


ボス君との最後のお別れ…
ボス君が大好きだった
コーラちゃんを連れて
行きました。





クロントイナイ寺です。
こちらでは、亡くなった動物の
火葬をしてもらえます。





コーラちゃん、わかってるのかな?
いつも笑っているコーラちゃん、
この日は、ちょっと表情が違いました。





私たちが、先にお寺に到着。
動物病院から、ボス君が
来るのを待ちました。






かつて、先に旅立ったチッチ君や
トゥクトゥクの時には、お棺を
用意しました。

でも、もっともっとがんばって
生きてくれると信じていた私は、
動けなくなったボス君を
病院に連れて行きやすいように
大きなビーチタオルを利用して
担架を作るつもりでした。

ボス君のタオル、使わせてもらうね。





こちらの家族は、まだ子犬の
かわいい子を車にはねられました。
眠っているようで、一緒に
来ていた子どもたちが
とても可愛がっていたのが
よくわかりました。

短かったけど、幸せだったよね。
今度生まれ変わったら、また
みんなと再会できるよ。
だって家族みんなで最後のお別れに
来ているくらい愛されていたんだもの。

こちらのお寺では、亡くなった
動物のために、読経してくれます。

もちろん、ボス君もしていただきました。





ほんとに最後のお別れです…






この鉄板のむこうにボス君はいます。





左の三角屋根の煙突から、
ボス君は空に登って行きました。





ボス君が亡くなった夜、
私は、夢を見ました。





あっ、ボス君だ!

そして目が覚めました。
まだその時は、ボス君がいなくなって
しまうなんて思ってもいませんでしたし、
思いたくもなかったです。





その後、ボス君が逝って
しまったことを聞いて、
ボス君が最後に私に会いに
来てくれたんだとわかりました。

ボス君が夢に現れて起きた時は、
どんな様子だったかわかっていたのに
翌朝、起きた時にはボス君の夢を
見たことしか覚えていませんでした。


私のバカバカ!


せっかく会いに来てくれたのに
ごめんね。





火葬は、日本では考えられないでしょうが
途中で、扉をあけて中にいる子を
ちゃんと骨になるように
何回かひっくり返します。
体の大きい子は、当たり前ですが
時間がかかります。

待っている家族は、それを見ることが
できます。
私も見ました。


ああ、本当にボス君は
今、焼かれているんだ…


現実として、自分の目で
見たのです。





最後は、たったこれだけ…




ボス君、たった半年くらいしか
一緒に暮らせなかったけど
杏香は、ボス君と暮らせて
幸せでした。




ボス君が逝ってしまうまでは
気力で保っていたものが
ボス君の死をきっかけに
崩れてしまったようです。

わたくし事ですが、2013年9月に
日本に帰って来ました。
その頃は、もう心身ともにボロボロ。

いつタイに戻れるのか?
もしかして、もう戻ることは
できないのか…

近所の神社で、天国に行ってしまった
子たちと、バンコクに残してきた
子たちに、今の杏香の状態を報告。
そして、謝った時、
なぜかボス君だけは、
杏香が日本に帰って来ているのを
知っているような気がしました。



みんな、ごめんなさい。
いつでも杏香はみんなのことを
思っています。
思い出さない日はないです。
ごめんね。



このブログの後半は、
いつ更新するか、わからないくらいの
いい加減なものでしたが、
今回で、いったん終わらせて
いただきます。


でも、気まぐれで
またアップすることも
あるかもしれません。

その時には、どうぞよろしくお願いします。


今まで、読んでくださった方々には
お礼申し上げます。
どうもありがとうございました。
(2014年2月3日)

| ボス君 | 11:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボス君のこと

今日は、ボス君の秘密をばらしちゃおぉ。


なんて大げさなものではないのですが・・・



実は、ボス君、パピーのときに
一度だけうちに遊びに来たことがあるのです。

あ、いや・・・
正確に言うと、

一度だけうちにこっそり連れてきたことがあるのです。



2003年12月24日。
うちのデジカメの日付が正しければの話ですが。
デジカメが出始めの頃に買った代物で、
なんか途中で日付がおかしくなったりしていたので
正しいのかどうかよくわかりません。






ボス君、キス攻撃にあっております。
ちなみに、写っているのは
ソムタムの大先輩、トゥクトゥクです。
今は、もう違うところでのんびりと
大好きな昼寝を思う存分しているはずです。







左から、トゥクトゥク、若かりしころのペコちゃん、
そしてボス君。

当たり前ですけど、ボス君にもこんな
小さい頃があったんですね~。







バセットのトゥクトゥクは、
子犬が大好きで病院などで見かけると
それはもう、ヒィヒィ♪
一緒に遊びたくてしょうがなかったです。

あ、ちなみに男の子ですから。
母性本能が・・・ みたいなものではないです。(笑






写っているのは、トゥクトゥクと
ペコちゃんだけですが
当時、一番上のおにいちゃんがおりました。
E・コッカーのチッチ君ですが
極度の怖がりのため、このときは2階に避難中。(笑







杏香が、ボス君を羽交い絞め~♪







すっかり忘れていましたが、
この頃から、体を拭いたりしていたのですね。



↓↓↓ 見て見て~♪





かわいい!
ハンサム~!!

え? 「当然なのだ~」と
ボス君の声が聞こえてくるようです。

はいはい、ボス君は小さいときから
かっこよかったよ~♪




「当たり前なのだ~」


デジカメの性能が悪いので、
あまりきれいに撮れてないですね。
残念。




「性能悪くても、ボクはかわいいのだ♪」


うふふ、それは認めてあげるぅ♪







トゥクトゥクにいちゃんとキス♪

ヨダレから守るために、抱っこです。









ボス君、今ごろなにを思っているのかな?

うちに来てよかったって思ってくれてるのかな?








このころの無邪気な笑顔に
戻れますように――



そして、いつかまたどこかで
ボス君と巡り会えますように――


今度会うときは、もっと早く
お互いに健康なうちに会おうぜっ!


そしたら、もっともっと一緒に
楽しく遊べるよ。


車が好きだったから、今度出会ったときには
杏香は、車が運転できているようにする。


一緒にドライブに行こう。
そのときは、ボス君の大好きな
コーラちゃんも一緒だといいね。


いつか、どこかでまた会おうね。
約束ね。







2013年7月26日 午前4時ごろ、
ボス君は永眠しました。





2013年7月21日(日)に再度入院。

昨日の夜に会ったのが最後になりました。

もう、意識もなく横たわっていたのですが
さわったり、呼びかけたりしていると
それまでなにも見ていなかった目が
私を探しはじめました。




最後にボス君とお話しできてよかったです。


でも、もっと一緒にいてあげたらよかったと思う。


もうちょっと、そばにいてあげたらよかったと思う。


最後まで横にいてあげられたらよかったと思う。


最後までおうちで過ごせたらよかったのにって思う。





誰かが逝ってしまうと、いつも後悔ばかり・・・





ボス君、うちに来て、少しは幸せだったと思ってくれるかな?





もうひとつのボス君の秘密、
それは、杏香とボス君だけの秘密にしておこうね。





書きかけで、なかなか作業ができずにいました。
小さいときの写真は、全部で13枚。
そのうち、ほぼ同じのが2枚あったので、
それをはぶいた全部を載せることにしました。



長くなってしまったけど、最後まで
読んでくださってどうもありがとう。

| ボス君 | 18:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボス君「病院にお出かけなのだ~」

最近、ボス君の病院へのお出かけが
増えています。


でも、ボス君はご満悦♪

だって、大好きな車に乗れるんだもの。


前の飼い主さんのところでは、
ほとんどドライブをする機会がなかったようです。




病院なのだ~(2013年7月7日)



病院では、いろんなお友達に会えます。


おっ! ネコ太郎にそっくりのネコちゃんを発見!!


この病院では、以前お話したと思いますが
事故に遭ったわんことか、野良猫とかの
面倒を見ています。




外でお食事中



ん? このネコちゃん、すっごく寄り目だぁ。

ヨリメの助(すけ)と命名。

いや、女の子かもしれないんだけどね・・・




お出かけは楽しいのだ~



そして、あるときは・・・




↑↑ よ~く見てね(7月10日)



ん???

先生の椅子にいるのは、だれだー!!??




ヨリメの助でござる


なんと、先生を押しのけて
診察室の椅子を占拠。




今日の先生は、ヨリメの助なのだ~



え? いや、違うって~。
たまたま椅子に座ってただけだよ、ボス君♪





(7月14日)


ちょっと点滴などをしてもらって
元気つけて・・・







お薬もあいかわらず多いけど
がんばって飲もう!




後ろに見えるのは、ネコ太郎(7月15日)


ごはんを食べて、薬も飲んで
ちょっと休憩のボス君です~。



よし、次は(いつになるかわからないけど)
ボス君の秘密をみんなに教えちゃうぞ~。






・・・・・・
まあ、そういうことにしておきましょうか、ボス君。




最後まで見てくれてどうもありがとう。

| ボス君 | 12:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グルグルなのにゃ

新しい洗濯機なのにゃ。



興味ニャンニャンなのにゃ。




それをいうなら、興味津々!





ちょっと間違えただけなのにゃ…


| ネコ太郎 | 16:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。